FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015~2016年シーズンの総括の補足説明、一部訂正。気になるランキングの算出方法とは!?

先日、最終ランキングを発表したが
そこに行き着くまでの過程を説明したいと思う。

まず、素直に通常ptとボーナスptでランキングを作れば下記の様になる。

pt1.jpg


これだと感覚的に実際の強さとのズレがあったので、チームの伸びしろを
加味してptの内訳は変えず、大会ごとに係数を置いてみた。

やはり甲子園も春の優勝より、夏の優勝が価値がある様に最後の大会に
勝ったチームが評価されるべきとの持論があるので、大会が進むごとに
係数も大きくした。

JA杯は5年生以下の新チームの大会という事と、この時点で新チームになっている
チームとなっていないチームがあり、条件が平等では無いのでこの大会の
係数は1とした。

次に学童は完全に新チームになっているが、新チーム結成時期が各地区で本当に
バラバラなのでそこを加味し係数は1.3とした。

最後にNTT杯だが、一番遅い3月に新チームを結成した地区にしても、
学童を経験し半年の準備期間があるので、最も重要でレベルの高い大会と
位置づけし、係数は最大の1.5とした。

係数を加味したランキングが下記になる。これで実際の強さに大分近づいてきた
感があるが、もう少しだけ手を加えてみようと思う。

pt2.jpg




最後に、年間を通じての安定力安定力ptとし追加した。
安定力ptは
①JA杯出場(ベスト16)、学童ベスト16、NTT杯ベスト16・・・7pt。
②学童ベスト16、及びNTT杯出場・・・6pt。

ここに該当するチームは年間通して、安定した戦いを続け本当に力のある
チームだと感じる。
今年の該当チームは

①が、三根ボーイズ、六角紅梅、神野、桜ケ丘、呼子シールズ。
②の該当チームが思斉、神埼球友。

各チーム、今年の大会を盛り上げた顔ぶれたちだ。
安定力ptまで加味した最終ランキングが下記になる。

pt4.jpg
※先日発表したランキングでは呼子シールズに安定力ptを忘れており、今回訂正。
  よってこれを最終ランキングとする!



これでやっと実際の強さと合ったランキングになるのかなと思う。
(色々な御意見はあるだろうが、ptを基にした算出なのでご容赦願いたい)

上記の様な過程を経て、先日のランキングを算出した。
2016~2017年シーズンは、ランキングを都度、算出/更新する予定なので
是非ご期待下さい!

◆おまけ(ランキングの推移)

無題5

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koh89

Author:koh89
少年野球が大好きで、佐賀、九州の少年野球情報を発信致します。
皆様からの情報もお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。