FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 NPB12球団ジュニアトーナメント~準決勝~ 決勝をかけたタイガースJr.対ファイターズJr. 好投手の同士の投げ合いはミスした方が負ける形となった…

阪神ー日ハムー1


DSCN8518.jpg▲▲プレイボール!




◆戦評

予選で共に似たような戦いで勝ちあがった
両チーム。
実力伯仲の試合は、ミスで試合が決まると
改めて感じた。



DSCN8521.jpg
▲ファイターズJr.先発の門別
※動画はこちら


1回表、タイガーズJr.は1番山本がサードの
エラーで出塁すると、2番の安西、3番村上の
送りバントが共に内野安打となり無死満塁の
ビッグチャンスを作る。



DSCN8525.jpg
▲エラーで出塁した山本


DSCN8526.jpg
▲バント安打の安西

DSCN8528.jpg
▲バント安打の村上



ここで迎えるのは4番正重。サードゴロを放ち
ホームゲッツーかと思われたが、ホームへの
送球がそれ、タイガースJr.が1点を先制
する。

続く、5番寒川のショートゴロの間にも一人生還し
追加点をあげ2-0
とする。


DSCN8529.jpg
▲ショートゴロの寒川



この後は後続が続かず2点止まりとなる。



逆にファイターズは大ピンチを招きながら
良く2点で踏ん張った。



DSCN8530.jpg
▲タイガースJr.先発の橘本
※動画はこちら



試合はこの後、お互いの先発が踏ん張り
2-0のまま5回を迎える。



5回表、ファイターズJr.はここまで好投していた
門別から、唐川にスイッチ。


DSCN8546.jpg
▲二番手の唐川
※動画はこちら


するとタイガースJr.は先頭の9番山平が
センターオーバーのツーベースで出塁すると
1番山本はセカンドゴロで、一死三塁の
追加点のチャンスを迎える。



DSCN8535.jpg
▲進塁打を放つ山本



続く安西はライトへタイムリースリーベースを
放ち3-0
とする。なおも一死三塁とし、
3番村上もレフトへタイムリーツーベースを
放ち4-0
とする。


DSCN8552.jpg
▲タイムリースリーベースの安西

DSCN8551.jpg
▲山平がホームイン


DSCN8556.jpg
▲村上がタイムリーツーベースを放つ



ファイターズJr.はたまらずここで先発の
門別をマウンドへ戻す。
継投が裏目に出た形となってしまった。




なおも一死二塁のピンチを迎えるが
門別が、4番正重、5番寒川を打ち取り
この回を2失点で食い止める。




タイガースJr.は貴重な追加点を取り
俄然有利になる。


DSCN8567.jpg
▲3番手の井樫
※動画はこちら



ファイターズの反撃は6回裏、
好投を続けているタイガースJr.橘本から
2番森が左中間にソロホームランで反撃するが
後続が続かずこの1点止まり。




最終回も0点で終わり、4-1でタイガースJr.が
逃げ切り、決勝進出を果たす。



DSCN8574.jpg
▲ゲームセット



DSCN8575.jpg
▲スコアボード


DSCN8578.jpg
▲タイガースJr.応援団






◆ターニングポイント

何といってもファイターズJr.の
1回表の守備。
2つの記録に残るエラーと
記録に残らないミスが2つ。

なんでもない内野ゴロをエラーし
ピッチャーの精神的ダメージも
大きかった。

2回以降は門別が抑えていただけに
余計に悔やまれる。




◆良かった選手

・タイガースJr. 山本、安西、橘本
・ファイターズJr. 森、門別
 ※森のキャッチャーフライの反応は抜群!





◆詳細

阪神ー日ハムー2




ファイターズJr.先発の門別は良いピッチャーだっただけに
立ち上がりの内野陣のバタバタが悔やまれる…

まぁ、勝ったチームが強いということ。




~ Change up 九州 ~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koh89

Author:koh89
少年野球が大好きで、佐賀、九州の少年野球情報を発信致します。
皆様からの情報もお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。