FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普段の練習で○○○時間を意識する事で、上達スピードが変わって来ます!誰でも明日から出来る内容ですが、効果は高いです!

野球の練習で選手がボールに触れている時間
を意識した事はありますか。(意識していますか)



突然ですが、サッカーの試合90分で一人の選手が
ボールに触っている時間ってどれ位だと思いますか。



サッカー試合





・ ・ ・答えは約3分です。
90分の時間の中でたった3分しかボールを
触っていないのです。



では野球はどうでしょうか。
守備でボールに触れるのは、一試合で30秒も
無いのではないでしょうか。(インプレー中)



捕って速くが基本ですから、ゴロにしろフライにしろ
捕ったら直ぐに投げます。
そのゴロ、フライを捕る為の動きを入れても
1分位でしょうか。(プレイに関わる時間)



ゲッツー男女」
▲ゲッツーも捕って速くが基本


サッカーはプレイに関わる時間を入れると
もっと時間は増えると思います。



こう見ると、野球って本当に一瞬のスポーツ
なんだなと感じます。



打つのも一瞬、投げるのも一瞬。
守備も一瞬…。




この一瞬に最高のパフォーマンスを発揮する為に
日々、練習であったり自主練習をしている事と思います。
そして強いチームは隙を作らないために、日頃の
生活や態度から、きちっちとしています。




道具並べ
▲強いチームは隙を作らない




改めて振り返ると、練習のノックの待ち時間や
バッティング練習中の守備など、野球の練習は
意外に待ち時間=ボールに触れていない時間が
多いです。




ボールに触れていない時間は練習していないとまでは
言いませんが、効果的な時間では無いのは明らかです。
(素振りやイメトレは別です)





サッカーは練習でも常にボールに触れていますが
野球は守備と攻撃で道具が入れ替わり、攻守を
同じ様に出来ないので一概に比較できませんが
やっぱり、ボールに触れていない時間が長い
ですよね。




指導者は練習時間が長いと“練習した気”になり
ますが、実際の練習を個人別で見てみると
例えば4時間の練習で、キャッチボール、バント、
フリーバッティング(2箇所)、シートノック、走塁練習、
とこなします。
しかし、実際に自分が携わる練習時間は
正味50分位では無いでしょうか。


キャッチボール20分、バント5分、バッティング10分
シートノック5分、走塁練習10分。



後の時間は自分の練習という観点から行くと
勿体無い時間です。
もちろん、準備の時間や休憩等々もありますが
後の時間は順番待ちや、人の練習を守りながら
見ているという感じでしょう。



でもやはり、野球もそうですがノックやバッティングも
数をこなさないと上達しません。
という事は、個人がより多い時間を練習できるような
メニューを組んでいく必要があります。



ノック
▲少人数で数を受ける


環境等が違うので単純比較は出来ませんが、
プロ野球のキャンプの練習は待ち時間が
ほとんどなく、有効に時間を使っています。
バッティング練習中にその打球を利用して
走塁練習をしたり、守備練習したり等々。


盗塁一斉練習
▲時間を無駄にしない



チームによっては、シートノックや
シートバッティング等の実戦を意識した練習を
重視しているところもありますが、少年野球では
実戦よりも数をこなせる練習のほうが大切だと
感じます。



数をこなし、上達すると試合でおのずと結果は
ついてくるからです。



少年野球は野球選手となる基礎を作る期間だと
私は捉えています。
当然、勝ち負けも重要ですが
基礎や基本がとても大切になります。
それがきちんと出来ていれば、上のステージで
上達が早いからです。




一番大切な時期に、きちんと教えてあげると
将来の活躍が大いに期待できます。
その為にも、特に小学生時代は練習で
ボールに触れる時間を多く取れるような
練習を指導者は心がけていきたいものです。



効率の良い練習だと、時間も短時間で終わり
大事な遊ぶ時間もとることができます。



そうなると、リフレッシュにもなり普段の練習に
より一層力が入り、良い循環が出来ます。



1asobi.jpg
▲子供なんだから遊びも大事


全体の練習時間ではなく、いかに一人一人が
ボールに触れる時間を長くするか。



そこが大きなポイントとなってきます。


子供はやはり飽きが早いので、子供を飽きさせない
為にもボールに触れている時間を長くすると良いですね。




試合ではボールに触れている時間が
わずかだからこそ、練習でより多くボールに触れさせ
その試合のわずかな時間にミスをさせない様に
させてあげたいですね。



一瞬 荒い
▲野球は一瞬で勝ち負けが決まるんです




野球は一瞬のスポーツだからこそ
普段の生活から気を抜かないで
しっかりする事が大切です。

香田監督時代の駒大苫小牧とか
良い例でしょう。




~ Change up 九州 ~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koh89

Author:koh89
少年野球が大好きで、佐賀、九州の少年野球情報を発信致します。
皆様からの情報もお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。