FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打てるチームの意外な練習方法の一つとは。

打てそうな投手を、打てなくて負ける事が
あると思いますが、振り返ると恐らく
打つべきボールを打っていない
事が浮き彫りになります。






ゴメス






タイミングも大切ですが、ボール球を振っては
ヒットの確立は下がります。
打てないチームはストライクを見逃して
ボール球を振る
という悪循環があります。






逆に打てるチームはストライクは積極的に
振っていき、ボール球は振らない。

そうなると投手も苦しくなるし、打者有利に
なります。






そもそもストライク=打つ、という意味ですよね。
ストライクゾーン=打つ(打てる)範囲となる訳です。
ストライクゾーンを打たなければ打者は不利に
なるのは当たり前です。







ゾーン





打てるチームにするには、振込みや打ち込み等
振る力をつけることも大事ですが、選球眼
力を入れることも重要だと思います。






私も高校時代、強豪校との練習試合で
相手チームが試合前にも関わらずボールを
見る練習をしていました。






見逃したときに、ストライク、ボールを言って
後ろの審判役に伝え、一球一球答え合わせを
する。この練習をしてから選球眼が格段に
上がったそうです。





確かにその後の試合でもボールを振ってくれる
場面は他チームに比べて少なかった事を覚えて
います。






特に少年野球はストライクゾーンを
良く分かっていない選手が多いので
ストライクゾーンの確認から始めた方が
良いのかも知れません。






内角をよけてストライク、外角を平然と見逃し、
三振…。少年野球あるあるだと思います。





せぺだ






ストライクゾーンが分かっていないから
よけたり、平然と見逃したりがあるのだと
思います。






内角のストライクなんて、一番飛ぶコース
ではないでしょうか。
そこを見逃すなんて勿体無いですよね。
そういう事が無いように、ストライクゾーンの
確認をし、ここはストライク、ここは打つべき
コース、見逃してOKのコースと教えて
行かなくてはいけませんね。






少年野球は野球を始めたばっかりで
各選手のストライクゾーンのズレが大きいです。






そこをチームで統一し、ズレを少なくすることが
打てるチームへの第一歩
だと思います。
打てないと野球は面白くありませんからね。









道具は格段に良くなっているのだから
もっと打つ喜びを感じさせてあげたいです。

ボールも変わりますし、これからは
より打撃に力を入れないと勝つチームを
作ることは難しいでしょう。






~ Change up 九州 ~

関連記事
スポンサーサイト

コメント

毎回更新を楽しみにしております。
また、今回のお話は目からウロコで子供にやらせようと思います。
暑くなって参りましたので、お身体には十分気をつけられて下さいませ。
貴チームの県学童野球の御活躍を祈念しておりますm(_ _)m

Re: タイトルなし

才谷

いつもありがとうございます。
励みになります。

これからも顔晴ります!
ありがとうございます。


以上


> 毎回更新を楽しみにしております。
> また、今回のお話は目からウロコで子供にやらせようと思います。
> 暑くなって参りましたので、お身体には十分気をつけられて下さいませ。
> 貴チームの県学童野球の御活躍を祈念しておりますm(_ _)m

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koh89

Author:koh89
少年野球が大好きで、佐賀、九州の少年野球情報を発信致します。
皆様からの情報もお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。