FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球大会 佐賀県大会~準々決勝~ 基山ジャガーズvs神野少年  実力伯仲の試合は予想外の結末で決着…

神野-基山J詳細1




◆戦評

エース飛松を中心に、打線も良い
基山ジャガーズと投打の柱、中島を
軸に勝ち上がった神野少年。
ベスト4の椅子をかけた第一試合が
始まる。




DSCN9887.jpg
▲神野少年の先発 中島君
※動画はこちら





DSCN9898.jpg
▲基山ジャガーズの先発 飛松君
※動画はこちら




1回裏、神野少年は二死から3番
西原が四球で出塁するも牽制死で
三人で攻撃を終える。




DSCN9886.jpg
▲牽制に誘い出される




続く2回裏、4番中島が四球で出塁
すると犠打と右ゴロで二死三塁とし
7番北島が中前適時打を放ち1点を
先制
する。




DSCN9909.jpg
▲先制の中前適時打を放つ北島君





3回表、先制された基山ジャガーズは
すぐさま反撃に出る。一死から1番
打者が中前安打、盗塁後2番飛松は
四球で繋ぎ、重盗を決め一死二・三塁
と逆転の好機を作る。3番桧山も四球で
一死満塁となり、4番藤田は二ゴロで
二塁手が本塁封殺を狙い送球するも
高めにそれ、二塁走者まで還り2-1

基山ジャガーズが逆転する。



DSCN9922.jpg
▲二ゴロを打つ藤田君


DSCN9923.jpg
▲二塁走者も一気に生還



なおも一死二・三塁と追加点の好機は
続くも後続が倒れ追加点ならず。






先制された直後に基山ジャガーズが
試合をひっくり返す。







4回~6回は両投手が踏ん張り得点を
許さず、試合は2-1のまま最終回に
突入する。







7回表、先頭の9番打者が四球、盗塁
暴投、1番打者の四球、盗塁等で無死
二・三塁の追加点の好機を作る。ここで
2番飛松は遊ゴロで一死。続く3番桧山
の遊ゴロの間に三塁走者が還り3-1

と突き放す。




DSCN9939-1.jpg
▲遊ゴロを打つ桧山君



DSCN9940.jpg
▲三塁走者が生還






非常に大きい3点目が入り俄然有利に
なる基山ジャガーズ。しかし、この1点で
“勝てる”という気の緩みが出たのかも
しれない。







7回裏、先頭の4番中島は気合充分で
打席に入る。打ち取られた三ゴロだった
が三塁手が慌てて、弾き一塁セーフ。
セーフになり、叫ぶ中島。こういう
チームを鼓舞する姿に仲間が奮起
する。中島は盗塁を決め無死二塁
とし、5番西田は中前安打で無死
一・三塁とする。






ここで基山ジャガーズが守りのタイムを
取り、間を置く。




DSCN9942.jpg
▲一呼吸置く基山ジャガーズ




再開後、一塁走者が盗塁し無死
二・三塁と一打同点の場面で迎える
のは6番井上。井上は中前二点適時打
を放ち、同点
となる。



DSCN9943.jpg
▲土壇場で同点打を放つ井上君


DSCN9944.jpg
▲同点のホームを踏む



本塁送球を焦った中堅手が後逸し、
打者走者は一気に三塁まで進塁する。
無死三塁で一打サヨナラの場面。7番北島
に期待がかかり、カウントは3B-1S。
ここでマウンドの飛松が一呼吸置くために
プレートを外す動作が、ボークを取られ
激闘は思わぬ形で決着がついた





DSCN9948.jpg
▲サヨナラのホームを踏む



DSCN9950.jpg
▲やりきれない表情の飛松君






※ボークの場面については、足を
プレートから外して手を離しておらず
慌ててプレートに足を戻したのか、
足を外して手を離すのを忘れていて
後から手を離したか、記憶が曖昧
ですが、主審がボークの宣告をする
前に私もボークと思い見ていました。
ビデオが残っており、見解が違えば
すみません。





DSCN9952-1.jpg
▲ゲームセット!!



DSCN9953.jpg
▲スコアボード













◆ターニングポイント

7回裏の先頭打者が三塁失策で
出塁した場面。打球も緩く、落ち着
いて捌いていれば良かったが、弾い
た後に慌ててしまった。雨でグランド
状態が悪くなり始めていたのも影響
したのかもしれない。いずれにしても
ここから一死も取れずサヨナラ決着
となった。

打者の中島は気合が入っており
チームメイトが鼓舞されたようにも
感じた。













◆良かった選手

・基山ジャガーズ   飛松君
・神野少年      井上君





DSCN9936.jpg
▲牽制も上手く、クロスファイヤーの
制球も良い飛松君





DSCN9937.jpg
▲サヨナラの立役者となった中島君
 





◆詳細

神野-基山J詳細2








最後の結末は残念だったが
最後の最後まで諦めなかった
神野少年に運が見方したのかな
という感じにも思えた。

結果的に7回表の三点目が
勝負のあやになった。

基山ジャガーズは是非NTT杯
に出場してきて欲しい。







~ Chane up 九州 ~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koh89

Author:koh89
少年野球が大好きで、佐賀、九州の少年野球情報を発信致します。
皆様からの情報もお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。