FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球大会 佐賀県大会~九州大会第二代表決定戦~ 思斉少年vs神野少年  最終回の攻防にドラマがあった・・・ 

20170702思斉-神野1







◆戦評

前日の準決勝でも両エースが先発しており
この試合はエースをリリーフに回しての
戦い。どこでエースを投入するかが一つの
見所。最後の最後まで目を離せない展開と
なった。




DSCN0077.jpg



DSCN0079.jpg
▲プレイボール!




DSCN0083.jpg
▲神野少年 先発の山田君
※動画はこちら



1回表、思斉少年は1番中島が右越
二塁打で出塁すると、2番田中が四球で
無死一・二塁とする。3番甲斐、4番小柳
は共に一飛に倒れ二死。5番峯は四球で
二死満塁とするが6番中島は一ゴロに
倒れ得点ならず。




DSCN0087.jpg
▲二塁打の1番中島君


DSCN0100.jpg
▲一ゴロに倒れる中島君







DSCN0102-1.jpg
▲思斉少年 先発の中島君
※動画はこちら



1回裏、神野少年は先頭の副島が四球で
出塁すると2番西原維の野選等で無死二
三塁とすると3番西原颯の二ゴロの間に
1点を先制すると、4番中島の中前適時
安打で2-0
とする。



DSCN0111.jpg
▲先頭の副島君が四球で出塁



DSCN0121.jpg
▲3番西原颯君の二ゴロで先制



DSCN0123.jpg
▲中前適時打を放つ4番中島君







続く2回裏、8番安藤が四球で出塁する。
ここで思斉少年は東に投手を代える。



DSCN0137.jpg
▲リリーフする東君
※動画はこちら



9番山田が送って、一死二塁とする。1番
副島は左前適時安打を放ち、3-0
とする。


DSCN0141.jpg
▲きっちり送る山田君



DSCN0149.jpg
▲左前適時打を放つ副島君






更に3回裏、安打と四球等で二死満塁と
すると、8番安藤が二飛を打ちチェンジかと
思われたが、二塁手が落球し二人が還り
5-0
とする。





序盤は完全に神野少年ペースで試合が
進む。





思斉少年の反撃は4回表、4番小柳、5番
峯の連打で無死一・二塁とすると6番中島
が三塁前セフティーを仕掛け、これが一塁
へ暴投となり2点を返し2-5
とする。



DSCN0156.jpg
▲無死一・二塁の好機


DSCN0157-1.jpg
▲セフティーを決める中島君


DSCN0159.jpg
▲一塁へ暴投となり二人が還る



続く7番東のバントは投飛となり併殺打で
二死。この回はこれで終わりかと思われた
直後、8番水町の安打、盗塁で二死二塁と
すると9番香月の中前安打を中堅手が一
塁へ暴投し、その間に1点返し3-5
となる。





その裏、神野少年は副島の四球、盗塁と
犠打で一死三塁とすると3番西原颯の中前
適時打で6-3
とする。




DSCN0165.jpg
▲中前適時打を放つ西原颯君




5回表、二死から4番小柳が中堅失策で
出塁すると、四球、捕逸で二死二・三塁と
する。しかし6番中島が遊飛に倒れ得点な
らず。



神野少年も6回からエース中島をリリーフに
送り逃げ切りをはかる。



DSCN0177.jpg
▲リリーフの中島君
※動画はこちら




6回裏、2番西原維が左前安打で出塁する
と盗塁で無死二塁とするが3番、4番が倒れ
二死二塁となる。ここで5番井上が右前安打
を放ち、右翼手が一塁送球間に二塁走者が
本塁を狙うが、本塁アウトで追加点ならず。



6-3のまま最終回を迎える。




7回表、思斉少年は1番中島からの攻撃。
しかし中島は遊直で一死。続く2番田中は
四球で出塁すると、3番甲斐の三ゴロが一
塁へ暴投となり、一死二・三塁となる。
ここで4番小柳は三ゴロを打ち、一塁へ送
球するが一塁手が落球し、4-6
となる。



DSCN0181.jpg
▲2番田中君の四球から全ては始まった




なおも、盗塁で一死二・三塁とすると5番峯
は捕飛に倒れ二死。続く6番中島も三ゴロ
で反撃もここまでかと思われたが、一塁へ
暴投となり、6-6
の同点となる。打者走者が
二塁へ行き二死二塁から、7番東は二ゴロで
チェンジかと思われたが、一塁へ暴投となり
二塁走者が還り7-6
と逆転する。

まさかまさかの展開に球場全体がどよめく。



DSCN0188.jpg
▲三ゴロを打つ中島君



DSCN0191.jpg
▲勝ち越し二ゴロの東君





7回裏、逆転を許した神野少年は先頭の6番
北島が四球と盗塁で無死二塁とすると、犠打
を三塁へ投げ野選とし無死一・三塁とする。


DSCN0196.jpg
▲守りのタイムを取る思斉少年




DSCN0199.jpg
▲三塁セーフ(野選)で好機を拡げる神野少年




盗塁で無死二・三塁とすると8番安藤がスクイズ
を仕掛けるがワンバン投球で空振りとなり、挟殺
プレーで二塁走者がアウトとなり一死三塁となる。
再びスクイズを仕掛けるがスリーバント失敗となり
二死三塁となる。9番途中出場の西田は右飛に
倒れ、同点ならず試合終了。




DSCN0202.jpg
▲二塁走者がアウトとなる



DSCN0203.jpg
▲スリーバント失敗で二死




DSCN0207-1.jpg
▲最後は右飛で試合終了






DSCN0208-1.jpg
▲試合終了直後の様子




最後の最後まで分からない試合を制した
思斉少年が九州大会を決めた!!



DSCN0209.jpg
ゲームセット!!


DSCN0211-1.jpg
▲スコアボード








◆ターニングポイント

7回表の思斉少年の攻撃で一死後
雨で中断となった。その雨によって
守りのリズムが崩れたのか、失策が
立て続けに起きてまさかの4失点と
なった。

雨の中断が無ければ、結果は変わって
いたのかもしれない内容だった。










◆良かった選手

・思斉少年   田中君
・神野少年   中島君






DSCN0181.jpg
▲逆転の起点となる四球を選ぶ田中君


DSCN0178-1.jpg
▲投打にチームを引っ張った中島君






◆詳細

20170702思斉-神野2








本当、少年野球は少しの事で流れが
変わってしまうと思った試合だった。

九州大会出場とNTT杯の推薦枠が
かかった大事な一戦だっただけに選手の
プレッシャーもあっただろう。

雨の中断は流れを変えてしまう
力を持っていると感じさせられた。










~ Change up 九州 ~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koh89

Author:koh89
少年野球が大好きで、佐賀、九州の少年野球情報を発信致します。
皆様からの情報もお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。