FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第22回高野山旗全国学童軟式野球大会~一回戦~ 生瀬フェニックス(兵庫)vs諸富北小クラブ(佐賀) 最後の最後まで勝負の行方は分からない激闘となった!!

2017080902.jpg





◆戦評

バッテリーを中心に守備の良い
諸富北小クラブと強力打線の
生瀬フェニックス。お互いの持ち味が
出た好ゲームとなった。




DSCN0835-1.jpg
▲プレイボール!





DSCN0838-1.jpg
▲諸富北の先発 平川君
※動画はこちら




1回表、生瀬フェニックスは一死から
2番打者が死球で出塁すると盗塁を
決め一死二塁とする。3番打者の三
ゴロの間に進塁し二死三塁とすると
4番打者の右前適時打で先制する。
続く5番も右越適時二塁打で続き
2-0
とする。



DSCN0842-1.jpg
▲四球で出塁の背番号7




DSCN0845-1.jpg
▲右前適時打の背番号2




DSCN0849-1.jpg
▲右越適時二塁打の背番号6






DSCN0855-1.jpg
▲生瀬フェニックス先発の背番号1
※動画はこちら





その裏、諸富北の1番平川は四球で
出塁すると、盗塁で無死二塁とする。
2番吉次がお送り、一死三塁とし3番
下津浦を迎える。ここでエンドランを
仕掛けるが空振りするも捕逸となり
1-2
とする。下津浦は遊ゴロ、4番
平田は右前安打後、盗塁死。この回
1点止まりとなった。




DSCN0863-1.jpg
▲暴投で生還する平川君









試合は1回から動く展開となる。






続く3回表、生瀬フェニックスは3番、
4番の連打と重盗で無死二・三塁の
好機を作ると、5番打者の三ゴロの
間に三塁走者が生還し3-1
とする。
二塁走者も本塁を狙うも、一塁手か
らの好返球で本塁アウトとなる。




DSCN0870-1.jpg
▲三ゴロを打つ背番号6





4回裏、諸富北の攻撃は3番下津浦
の四球と盗塁で一死二塁とすると4番
平田は四球、5番岸川は三塁失策で
一死満塁となる。ここで6番木村は三振
に倒れるも7番濱野が遊撃適時打を
打ち2-3
とする。




DSCN0886-1.jpg
▲盗塁を決める下津浦君



DSCN0895-1.jpg
▲遊撃適時安打の濱野君





続く5回裏、9番平田が死球で出塁する
と1番平川は右越二塁打で繋ぎ無死二・
三塁と好機を作ると、暴投で3-3となる。
さらに四球、盗塁等で無死二・三塁とする
3番下津浦はエンドランを決め、4-3
逆転する。なおも一死三塁で4番平田を
迎え、再びエンドランを仕掛けるも空振り
となり三塁走者アウトで二死。平田は捕飛
に倒れ、この回2点で攻撃を終える。





DSCN0909-1.jpg
▲死球で出塁の平田君



DSCN0911-1.jpg
▲右越二塁打で好機を拡げる平川君



DSCN0915-1.jpg
▲暴投で本塁生還の平田君



DSCN0918-1.jpg
▲エンドランを決める下津浦君










DSCN0938-1.jpg
▲6回からリリーフの背番号5





最終回の7回表、生瀬フェニックスは一死
から3番打者が左越二塁打で出塁すると
4番打者は二飛で二死。勝利まで後アウト
一つという場面で、5番打者は右越適時三
塁打を放ち4-4の同点
とする。なおも勝ち
越しの好機で6番は四球を選び二死一・三
塁とし7番に代打背番号8が登場し、一塁
適時打を放ち5-4と逆転
する。




DSCN0946-1.jpg
▲土壇場で同点適時三塁打の背番号6




DSCN0951-1.jpg
▲勝ち越しの一塁適時打を打つ背番号8






逆転された諸富北は7回表、二死から1番
平川が四球で出塁する。ここで生瀬フェニ
ックスが投手交代。平川はすかさず盗塁を
決め、二死二塁とすると2番吉次は四球で
二死一・二塁とする。ここで雨の為中断


DSCN0958-1.jpg
▲盗塁を決める平川君




DSCN0961-1.jpg
▲豪雨で試合中断…




再開後、重盗を決め二死二・三塁とすると
暴投で三塁走者が生還し5-5の同点と
なる。二死三塁から下津浦は四球で二死
一・三塁とすると、ここで投手交代。
4番平田も死球で二死満塁とすると5番
岸川も四球で6-5でサヨナラ勝ち

最後の最後まで粘った諸富北に軍配が
上がった。



DSCN0963-1.jpg
▲重盗を決め二死二・三塁とサヨナラの好機



DSCN0964-1.jpg
▲暴投で同点の生還



DSCN0966-1.jpg
▲5番岸川君の四球でサヨナラ勝ち!







DSCN0972-1.jpg
▲ゲームセット!!





全国1勝目、おめでとうございます!














◆ターニングポイント

最終回の雨の中での攻防。
7回表二死から逆転し、7回裏
二死から再逆転という激闘。最後は
豪雨で投手も投げるのが精一杯の
状況だったが最後まで勝負を諦め
なかった諸富北の気持ちが勝った。
























◆良かった選手

・生瀬フェニックス    背番号6
・諸富北小クラブ    平川君




DSCN0946-1.jpg
▲2長打、2打点の背番号6


DSCN0837-1.jpg
▲粘投でチームを勝利に導いた平川君
















◆詳細

2017080901.jpg













やはり力の拮抗した全国の舞台は
最後の最後まで何が起きるか分からない。
勝った、負けたと決め付けないで試合終了
まで一生懸命にやる事の大切さをこの試合から
学びました。

ありがとうございます。















~ Change up 九州 ~ 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koh89

Author:koh89
少年野球が大好きで、佐賀、九州の少年野球情報を発信致します。
皆様からの情報もお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。