FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JALカップ 第6回全九州学童軟式野球大会~決勝~ 宗方レッド少年野球団vs大里シャークス 大里シャークスの打線爆発の決勝戦となった!!

20170901-1.jpg






◆戦評

投手を中心に打線も良い大里
シャークスと粘りの戦いで接戦を
ものにしてきた宗方レッド少年野
球団。決勝戦は大里シャークスの
打線が爆発した。





DSCN1453.jpg
▲プレイボール!



DSCN1457.jpg
▲大里シャークスの先発 富盛君
※動画はこちら





1回表、宗方レッド少年野球団は
三者凡退で攻撃を終える。





DSCN1463.jpg
▲宗方レッド少年野球団 先発の村上君
※動画はこちら






1回裏、大里シャークスは1番新垣が
右越三塁打で好機を作ると2番津波が
四球と盗塁で無死二・三塁とする。
3番木下は三振で一死。4番富盛が
中前二点適時打で2-0
とする。富盛
が盗塁し、一死二塁となり5番宮城は
左飛で二死となるも6番島袋は中前
適時打を放ち3-0
とする。




DSCN1469.jpg
▲右越三塁打の1番新垣




DSCN1478.jpg
▲中前二点適時打の4番富盛君




DSCN1479.jpg
▲先制のホームを踏む新垣君





DSCN1484.jpg
▲中前適時打の6番島袋君






続く2回裏、先頭の8番内原は中前
安打で出塁すると9番糸数は送りバント
を決め、これを三塁手が一塁へ暴投とし
無死一・三塁となり糸数が盗塁し無死
二・三塁とする。続く1番新垣は左前適時
打で4-0
。新垣が盗塁し無死二・三塁と
すると2番津波が左前二点適時打で6-0
津波が盗塁し無死二塁とすると3番木下は
送って一死三塁とする。4番富盛は左越適
時三塁打で7-0
5番宮城は左犠飛で
1点追加し8-0
。6番島袋は四球で二死
一塁とすると7番喜納が右越適時三塁打で
9-0
。大里シャークスはこの回打線が繋が
り試合の主導権を握る。




DSCN1488.jpg
▲左前適時打の新垣君



DSCN1489.jpg
▲4点目のホームを踏む内原君



DSCN1493.jpg
▲左前二点適時打の津波君



DSCN1500.jpg
▲左越適時三塁打の富盛君



DSCN1506.jpg
▲左犠飛の宮城君










DSCN1509.jpg
▲2番手の眞鍋君
※動画はこちら





3回より宗方レッド少年野球団は投手交代。
3回裏の攻撃、大里シャークスは一死から
1番新垣が左越二塁打で出塁すると、2番
津波が中前適時打で10-0
。本塁送球間
に二塁へ行き一死二塁。3番木下は遊撃
安打と盗塁で一死二・三塁。4番富盛は左
前適時打で11-0
。盗塁を決め一死二・三
塁とすると5番代打の玉城は中越二点二塁
打で13-0
。続く6番島袋は中前適時打で
14-0
。7番喜納は右前安打で続き一死
一・二塁とすると8番代打の高江洲が中前
適時打で15-0




DSCN1518.jpg
▲中前適時打の島袋君





大里シャークスは4回から投手交代。
4回表、宗方レッド少年野球団は一死
から2番村上が四球で出塁すると3番
後藤は三ゴロで二死一塁。4番野田が
中前安打で続き二死一・二塁とすると
5番賀來が右前適時打で1点返し1-
15
とする。





DSCN1523.jpg
▲中前安打の野田君




DSCN1529.jpg
▲右前適時打の賀來君








大里シャークスは6回裏にも1点を追加し
16-1
とする。









最終回の7回表、宗方レッド少年野球団は
6番割石から。割石は二ゴロで一死。7番
村山は遊直で二死。8番は代打の関。しかし
三振に倒れ試合終了。




DSCN1534.jpg
▲代打の関君は惜しくも三振に倒れる










DSCN1541.jpg
▲ゲームセット!!





DSCN1542.jpg
▲スコアボード







大里シャークスがJALカップの
チャンピオンに輝いた!!









★優勝監督インタビュー

大里シャークス 宮城監督
『優勝を目指していましたので優勝
できて嬉しいです。毎年この時期は
虹の松原旗に出場しており、2連覇中
で3連覇を目指していたのですがJAL
カップと日程が重りましたので、JAL
カップを優勝しようと言うことで話を
していました。決勝も大差となりました
が打線は水物ですので走塁に力を入
れて指導しております。
ありがとうございました。』







DSCN1550.jpg
▲優勝の大里シャークス





DSCN1555.jpg
▲準優勝の宗方レッド少年野球団



















◆ターニングポイント

2回裏の大里シャークスの攻撃。
無死一塁で犠打。三塁手が一塁へ
暴投しピンチを拡げてしまいその後
結果的に6点が入り、試合の大勢が
決まってしまった。確実に一死を取り
一死二塁としていたら試合は分から
なかったかもしれない。























◆良かった選手

・宗方レッド少年野球団   賀來君

・大里シャークス        富盛君



DSCN1529.jpg
▲適時打を打った賀來君



DSCN1513.jpg
▲3回を完全投球&猛打賞4打点の富盛君













◆詳細

20170901-2.jpg
















予想に反して大差の決勝戦となった。
一死を取る場面で取れずにピンチを
拡げるとこういった展開になるのかなと
野球の怖さを感じた。

それにしても大里シャークスの打線も
良かった。8連打を含む16安打。流れが
あるからといっても良くここまで打線が
繋がるもんだと感心した。

投手も登板した二人は100km/hを越える
力のある球を投げており良かった。
沖縄は少年野球のレベルが高い。

宗方レッド少年野球団も最後は総力戦となり
厳しい戦いだったが決勝まで勝ち上がって
きて守備の良い粘りのあるチームだった。


















~ Change up 九州 ~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koh89

Author:koh89
少年野球が大好きで、佐賀、九州の少年野球情報を発信致します。
皆様からの情報もお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。